新着情報
Oct 9, 2015

在宅医療重度者の終末期対応 情報共有会

007006

10月9日(難病やがん末期の方の在宅診療に多く携わる)前田医師のクリニックに、標記の会が難病支援センターと当連携室ポピーの企画にて行われました。集まったのは実際に現在難病(ALS)の方のケアプランに係るケアマネジャー、保健所保健師、山形市障害福祉課、レスパイト機能を持つ病院SWなどの方々。実際のケアプランで利用されているサービス種類や量を情報共有しながら、介護保険でまかないきれない分は障害プランで補充など具体的な情報から、障害プランは要介護5以上でないと使えないなど現状の厳しさまで、さまざまなやり取りがなされました。そして、QOLを確保するために吸引ヘルパーを勘案したくても、事業所が増えないなどの課題、自己負担で研修を受けざるを得ないヘルパーさんの現状。それでは、研修への公的補助も検討されて良いのではとの意見も。

結論として  ①障害プランの積極的活用

②痰吸引ヘルパー拡大のための研修費補助への期待

③介護事業所の充実

などが進行役の小笠原SWによりまとめられました。

Posted in 新着情報Comments Closed 

 

Sep 11, 2015

ポピー ミニ講座 開始

009

研修お知らせ 10月14日

9月9日、意見交換も入れた ミニ講座「退院支援:連携の鍵」(講師:山形大学医学部看護学科 大竹まり子准教授)を開催いたしました。講演後の意見交換では「本人は退院したい、家族は転院希望,どう支援したらよいか」との病院Nsの問いに「家族は退院後のイメージが付かない、ケアマネジャーや訪問看護に早期につないで具体的な退院後の生活のイメージ、支援体制を知ってもらうことで退院への動機付け、家族の安心につながる」などの地域からの提案がありました。今後も医療機関、地域関係職種が連携しながら「退院支援」について検討していける!と手ごたえのあった研修会となりました。次回は10月14日「退院支援:訪問看護との連携」(大竹准教授の講演+訪問看護ステーションやまがた 山川所長からの話題提供)です。こちらも是非ご参加を。

Posted in 新着情報Comments Closed 

 

Aug 25, 2015

ソーシャルワーカー稼動日が週2日へ

連携室ポピーのソーシャルワーカー〔小笠原SW)の稼動日が8月より週1回から2回へ増えました。地域多職種の皆さまのソーシャルなご相談に対応いたします。「経済面の問題について聞きたい」「社会資源や制度でわからないことがある」「難病の方のことで相談したい」利用者や家族とのコミュニケーションについて助言が欲しい」などありましたら、どうぞ、ご連絡ください。稼動日は原則として月、木曜日ですが不在日もありますので、当サイトのスケジュールの欄を参照ください。

Posted in 新着情報Comments Closed 

 

Jul 30, 2015

Yamagata介護プレゼン大会!8月25日初開催(主催:やまプレ実行委員会)

やまプレ

山形介護プレゼン大会

山形介護プレゼン大会

山形市内有志によるネットワークが中心となり、標記の大会を開催されるそうです。かねてから「介護事業所などが頑張っている成果を発表し、お互い切磋琢磨しながら、さらに意欲を持って進んでいける仕組み、場が必要だ」との声がいろいろなところで聞かれていました。それが、現場を担っている方々の自主的なネットワークの中から生まれるって,素晴らしいことですね。是非、皆さんご参加を。今回のプレゼンは「通所介護事業所、サービス付き高齢者住宅」とのことです。

プレゼン希望事業所/参加希望者は、
詳しくは<事務局>特別養護老人ホームながまち荘副主任生活相談員 手塚敬一郎氏(TEL:023-684-2391)まで、お問い合わせください。(T)

 

 

 

Posted in 新着情報Comments Closed 

 

1 36 37 38 39 40 41 42