ご挨拶

山形市医師会会長・連携室室長挨拶


山形市医師会会長連携室室長 根本 元

 社会の急速な高齢化に伴って、医療:介護の分野では根本からの改革が求められてきています。その最も核となるのは在宅医療と言えます。病院医療が「治すことを中心とした医療」とすれば、在宅医療は「生活そのものや人生を支えてゆく医療」と言っても過言ではないでしょう。

在宅医療を進めてゆく上で何より必要なのは、「連携」であります。多様な施設間、医療・介護などに限らない「生活全般を基盤とした連携」が必要で、この連携がシステムとして機能してゆくことがこれからの課題になります。

さらに、在宅医療の質を向上させるためには、医療を担当される先生方が地域全体をカバーしてゆく地域完結型の医療も視野に、行政や医師会等とのシステム展開も望まれると考えられます。
在宅医療・介護連携室「ポピー」は市民の皆さまやそれぞれの役割を持つ方々の力になれるよう係ってゆきたいと考えます。

スタッフ挨拶


鹿野 詩子 (看護師・社会福祉士・精神保健福祉士)

「住み慣れた家で自分らしく生活したい」と願う方々の思いが実現できるよう、様々な支援者の方々と共に考え、学び、地域のお役に立ちたいと考えております。

  • 趣味:温泉登山、旅行(国内)、映画、ライブ鑑賞

大場 万由美(社会福祉士・精神保健福祉士)

様々な分野の方と共に、市民の皆様に「山形で暮らしていて良かった」と思っていただけるまちづくりに取り組んでまいりたいと考えております。

  • 趣味:DIY、手芸、読書

徳田 喜恵子(看護師・在宅看護専門看護師)

主に、研修企画等を担当します。専門看護師の機能を活かした、在宅療養に関する相談にもご活用ください。

  • 趣味は「旅とアウトドア(スキー、キャンプ、カヤック、小山登り)」です。

<ポピーのこれまで>


 

↑H27年~R4年

↑研修打ち合わせ(在宅ケア研究会と)