ブログ
Jun 30, 2020

さようなら 前田龍明先生

               山形市医師会長(兼ポピー室長) 根本 元

                   <山形市医師会たより~転載>

 前田龍明先生が、5月5日午前3時56分に63年の人生を終えてしまいました。  呼吸困難のため、3月23日朝に緊急入院しました。原因は間質性肺炎/肺線維症の急性増悪で、危篤一歩手前の状態でした。救急外来から直接ICU入室という緊急状態で、主治医からは「よくこんな状態で自力で救急室までたどり着いたものですね。普段なら救急搬送の状態です」と言われたそうで、その時のPaO2は31mmHgしかなかったようです。前々日の土曜日まで普段どおりに診療を行っていて、月曜日の朝に我慢できなくなり、救急受診したようです。  前田先生が入院したと聞いてすぐ面会に行くと連絡した時はもう少し待って下さいと言ってなかなか会ってくれませんでした。今の状態を見せたくなかったのかもしれません。それから一ヵ月半の闘病中、彼とは主にLINEで連絡を取り合いました。入院して10日ほどして、ようやく面会となりました。しばらく入院しなければならない状態で在宅の患者さんの依頼や産業医、学校医に関しても心配しておりました。そして退院したらもう一度在宅医療に戻りたいのでよろしくお願いします。必ず復活しますのでと約束してくれました。入院中彼と会ったのはその一度きりでした。  主治医には反対されたけどベッド上でリハビリを始めましたといったLINEも届き、本当に復活に向けて頑張っておられました。  しかしながら5月に入り、カルテからはかなり深刻な状況であると推測できました。それまで病状に関しては全く誰にも知らせてはいなかったのですが、在宅ケア研究会のメンバーに、LINEで応援メッセージを送ってほしい。今の前田先生には奇跡を起こす力が必要だと依頼しました。たくさんのメッセージが寄せられました。本人からは、在宅医療を行うものとして、せめて一日だけでも自宅に戻り、自分のACPを託したいので御協力お願いしますとの連絡が入りました。チームワークがよいのがこの研究会の取り柄で、早速各職種のスペシャリストによる応援団「チームドラゴン」が立ち上がり、先生はとても喜んでくれました。しかし皆の期待も虚しく、「チームドラゴン」が立ち上がった翌々日に、入院して一度も自宅に戻ることもなく先生は逝ってしまいました。  

 入院後病院カルテを開示してもらって知ったのですが、2年前の CTには現在とほぼ同じような間質性肺炎の所見が認められており、このような状態で超多忙な在宅医療を行っていたとは想像すらできませんでした。時々妙な呼吸をするなと思うことはありましたが、ジムでトレーニングもしており、よく一緒にお酒も飲みましたので、まさかこのような突然の別れが来るとは・・・。  

 先生と一緒に仕事を始めたのは、平成21年1月に山形在宅ケア研究会を立ち上げたときからです。その時私は、山形市医師会理事として、在宅医療をなんとかしたいと模索しておりました。彼はその時はすでに在宅医療に特化して多くの在宅患者を診ておりました。そこで医療と介護従事者のための意見交換とネットワーク作りのための在宅医療の研究会「在宅ケア研究会」を立ち上げて、私が会長に、彼が事務局となったわけであります。  在宅ケア研究会の最初の試みとして、二人主治医による在宅看取りを行いました。69歳の肺がんの女性で、済生館の有川先生が病院主治医で、私たち二人が、主と副の在宅主治医となり、最後を自宅で看取るという形態でありました。患家で何度かカンファレンスも行いました。その当時のカンファレンスメンバーが、今の山形在宅ケア研究会のコアメンバーとして今も続いております。その後研究会は毎月第3木曜日の19時から開催されて、現在まで継続しております。研究会の企画は持ち寄りですが、前田先生がメインで仕切ってくれておりました。  私は2年前に医師会長に就任しましたが、強くあと押ししてくれた一人が前田先生でした。医師会長になる条件として、在宅医療を推し進めるために是非前田先生に理事になってもらいたいと説得いたしました。その頃もうすでに肺の状態は良くなかったのかもしれませんが本人からは一度でも苦しいということを聞いたことはありませんでした。手前味噌かもしれませんが、むしろさらに元気に仕事にお酒に精を出していたように思います。

  毎年8月に行うポピー主催の「医療と介護の連携推進のための交流会」では、神輿を担いだり、天才バカボンのパパを演じたり、サムライニッポンのラガーマンとして雄叫びをあげたりと色々なパフォーマンスを発揮して皆を盛り立ててくれました。警察協力医会にも強引に入会していただき、死体検案業務にも関ってもらいました。  彼は豊烈神社、私は湯殿山神社の神輿会に在籍しており、一度だけ一緒に同じ神輿を担いだこともありました。楽しい思い出です。  

 彼がLINEで「先生に出会えたことが私のこの17年の開業医としての医療人生を大きく一新させていただきました。深く感謝しております。また復活して先生の側で働きたいです」と送ってくれました。  私ももっと一緒に仕事がしたかった。もっともっと一緒においしいワインを飲みたかった。本当に残念です。とても、とても。  誰より先生はもっと無念だったでしょう。  奥様より「信念を持って歩み通した人生でした」との言葉が最後のお葉書に添えられておりました。  新型コロナ感染症に対する緊急事態宣言のさなか、面会もままならずゆっくりとご家族とも面談できない状態で最後を迎えたことは、愛妻家でご家族思いの先生としては、誠に残念至極だったと思います。  心からご冥福をお祈り申し上げます。  

 前田龍明先生 ゆっくりお休み下さい。

Posted in ブログComments Closed 

 

May 15, 2020

シニアのためのおうち時間を楽しくすごす知恵―おうちえ-東京大学高齢社会総合研究機構~

制作・監修:東京大学高齢社会総合研究機構
2020年5月8日(第1版・ご紹介編~順次更新)

自粛生活のストレスを緩和し、前向きに過ごすための楽しいガイドブックとなっています。下記からご覧になってみてはいかがでしょうか。(掲載は東京大学高齢社会総合研究機構の了解をいただいております。)

http://www.iog.u-tokyo.ac.jp/?p=4844(東京大学高齢社会総合研究機構ホーム

ページ)

※住民様個人はダウンロード可能ですが、団体等の使用に関しては、東京大学高齢社会総合研究機構へのお問い合わせが必要ですので、ご注意ください。当方では、印刷・配布・発信の許可をいただいております。ご相談ください。

Posted in ブログComments Closed 

 

Apr 27, 2020

山形市医師会たより~新型コロナウイルス感染症-100年前のスペイン風邪から学べることはないのか-朝田徹 医師(厚生福祉部担当理事)

本文~抜粋)

「今私たちにできる事とはsocial distanceを確保し感染予防を徹底すること、医師としてのそれぞれの職務を全うする事だと思います。誠実な信念を貫徹し、ウイルス感染症においても、この不条理に立ち向かう気持ちにおいても決して負けないことを願います。ともにがんばりましょう。」

本文)

Posted in ブログComments Closed 

 

Apr 23, 2020

いま(今、居間)から百歳体操:外出自粛でもお家で元気に!

ダイジェスト版を山形市社会福祉協議会様からいただきました。テレビを見ながら、くつろぎながらでもできそうですね。コロナに負けない免疫力を体操で!

Posted in ブログComments Closed 

 

1 2 3 4 5 28